ブログトップ

獣王(けものおう)

nighthawkx.exblog.jp

アイヌ犬 牙狼の記録です。

親父のスコープ合わせ。

仕事も終わって盆休み。

浦臼でスコープ合わせてくるかなって 親父が言ってたので注意点を伝えた。
『狩猟時に不安のないくらいに合わせてこいよ』 そんな内容の言葉を掛けた。
『楽しんで撃つのはいいんだけど 段々とバレルも熱くなってくるだろうし
あんまり撃つと疲れて雑にもなるから 最初の6~9発くらいで決めれよ~』
a0334506_16182066.jpg

オレの言った注意点は忘れていたらしい。

① 砂袋に先台と銃床をキチンと依託して 銃身が振れないように撃つべし。
② 3発撃って弾が集まっていたら調整 バラついていたら調整しようがない。
③ もし 調整が上手くいかず訳解らなくなったら 程々にして帰ってきなさい。
a0334506_1618206.jpg

親父の言い訳は こうだった。

連続して撃っていたので 弾がバラつくのは仕方ないって教習指導員が言ってたらしいが
あくまでも狩猟レベルの調整 ライフル競技の調整でもないし さほど気にすることはない。
しかしオレは見抜いていた この弾のバラつき方って 親父に銃身振れてなかったか!??
バレルの熱がってレベルの問題ではないんじゃないの!? 親父の返事は 『うん』 ・・・・・
たかが100メートルで 自動銃とはいえバラつき過ぎる やはり銃身が振れてたようだな。
出掛ける時は調整だからキッチリしてくるって言っていたのに ダラダラと40発も撃った・・・
そして年配ハンターに多い 『シカには当たるから・・・・・』 定番の言い訳で終了しました。
オレの言葉は 猟場で狙う時はアバウトになるから射撃場ではキッチリ合わせてこいよ でした。

猟期も近くなってきたし

オレも久し振りに 300メートルの的紙でも撃ってくるかのぅ・・・・・  あはははっ(-。-)y-゜゜゜
[PR]
by endlesssummer-x | 2018-08-11 16:03 | 狩猟(hunting) | Comments(0)